気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

合葬式納骨堂の特徴

合葬式納骨堂の特徴 合葬式の納骨堂では、遺骨を永代供養塔の中の棚に安置するという特徴があります。
遺骨を骨壷のまま安置する場合もあり、寺院によって異なります。
納骨堂には、壇の種類によって仏壇式やロッカー式、機械式、位牌式などに分類されますが、合葬式はもっとも安価な納骨堂です。
そのため、なるべく費用を抑えたい人に需要があります。
ただし注意点として、合祀した場合は改葬を行うことができなくなります。
遺骨を別のお墓に移すことを改葬と呼びますが、合葬式の場合、遺骨は他の遺骨と一緒に供養されるため、後で骨を引き取ることはできません。
その他、お供え物の食べ物は、一定期間を過ぎたら持ち帰るマナーになっています。
お線香の持ち込みは自由に行えます。
またお参りの際の服装は自由なので、普段着でお参りしても差し支えありません。
しかし細かい点は寺院によって異なるため、気になることがある場合には、納骨堂の管理事務所に問い合わせると良いです。

合葬式納骨堂が向いている人とは?

合葬式納骨堂が向いている人とは? 最近は少子化の問題とともなって高齢化社会の問題もあり、墓じまいする方も多くなってきています。
そのため永代供養をしてくれる合葬式納骨堂の人気も高まっています。
合葬式納骨堂に向いている人とは、地方にお墓はあるけれど今住んでいるところが長くなり、田舎に帰る予定もないので、墓じまいをしてご先祖様と一緒に合葬式にしたい方、子供がいないのでお墓を建ててもすぐに無縁墓になってしまうため夫婦そろって一緒にとお考えの方、経済的にお墓を建てるのは難しいかた、墓守をしてくれる子供がいない、もしくは子供はいるけれど嫁に行っていて墓守を頼めない方、あるいは墓守の負担を子供に掛けたくない方などです。
一口に合葬式納骨堂といっても寺院によってさまざまなプランがありますので、生前から調べておき、あらかじめ御住職などとお話しをよくしておくと、安心です。
また、このような形式の場合は宗派を問わず永代供養してくださるところがほとんですので、こちらも安心です。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%8D%E9%AA%A8%E5%A0%82): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 500 Internal Server Error in /home/f18yhs6r/orgreshamlocksmith.com/tokutyo.html on line 1