気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

納骨堂の契約までの流れ

納骨堂の契約までの流れ 人が亡くなった後の遺骨をどうするか、大半の人は「納骨堂」への納骨を挙げるでしょう。
これは昭和23年に制定された「墓埋法」によって遺骨などは納骨堂、もしくは墳墓に納めるよう規定されているもので、死体遺棄など規定に違反した場合の罰則も定められています。
遺骨を収蔵する屋内型施設である納骨堂は予算や宗派によって種類も様々で、管理が容易であることから年々利用者は増加傾向にあります。
契約までの流れはどこもほぼ同じです。
まずは資料を請求し、施設の情報や契約条件が自分の条件に合うかどうかを確認しましょう。
特に納骨までの期間は必ず確認する必要があります。
契約が完了して実際に納骨が可能になるまでの期間もバラバラです。
手続きが全て完了したらすぐに納骨できるところもあれば実際に納骨できるまで2週間以上要するところもあります。また、問題なければ実際に見学することも大切です。不明点があれば現地で確認することも可能です。

野外型納骨堂の特徴とは?

野外型納骨堂の特徴とは? 野外型の納骨堂は、一般的なお墓参りと同じように、お参りする事はできます。
天気に左右される事もありますが、外にあるので風通しもよくとてもすがすがしい気持ちでお墓参りをする事が出来ます。
では野外型の納骨堂にはどのような種類があり、そしてどんな特徴があるのかというと、まず納骨壇型というものがあります。
これは大型の石材で出来た骨壷を収める棚を備えている形です。
もちろん寺院や霊園によって大きさは異なりますが、もっとも良く見る形状のもので、個別に骨壷を安置する事が出来ます。
また納骨塔型というのもあります。
これは納骨壇型とほとんど同じですが、見た目が塔の形をしていたり、石のモニュメントがあったりするので、その見た目の違いから分けられたものとなっています。
この納骨塔型も、石でできた塔の下に骨壷を収める事が出来ます。
さらに墳陵型というものもあります。
これは納骨壇型や納骨塔型よりも、大きいタイプの合奏タイプのものです。
古墳に良く見られる前方後円型のような下に合同で骨壷を収める形式となっています。
最後に墓石安置型というものもあります。
これは一般的によくある個別のお墓をもちつつも、お寺に永代供養をお願いするという形のものです。
このように野外型納骨堂といってもたくさんの種類と特徴がありますので、自分に合ったものを選ぶと良いです。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 式」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%8D%E9%AA%A8%E3%80%80%E5%BC%8F): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 500 Internal Server Error in /home/f18yhs6r/orgreshamlocksmith.com/nagare.html on line 1