ロッカー式の納骨堂とは

ロッカー式の納骨堂とは

ロッカー式の納骨堂とは ロッカー式の納骨堂は、都会などで墓地のための土地が確保できない場合に活用することができます。1つ1つのスペースは小さいですが、参拝してお参りするには十分なスペースですし、墓所を購入するよりも安価で実現するため低予算でお墓を持つことができるのです。
またロッカー式の納骨堂は建物の中にあるため、天候を問わず参拝することができます。外にある墓所と比べても雨天や寒い時期など季節や天候関係なく、いつでも気軽にお参りしやすいです。建物内のロッカーを納骨堂として利用するだけですので、草抜きもしなくていいですしメンテナンス自体もほとんど不要です。
そして多くのロッカー式納骨堂は、墓所と比べても交通の便の良い立地にあるため、最寄り駅から徒歩圏内など交通の便が良いのです。建物内部もバリアフリー設計になっているのが一般的ですので、車椅子や足の不自由なお年寄りでも安心してお参りできます。トイレや休憩所、売店も1つの建物に収まっていますので、急な参拝でも安心して出かけられるのです。

機械式納骨堂のシステム

機械式納骨堂のシステム 近年では、亡くなった後のお骨を安置する場所にも選択肢が増えています。その一つに「納骨堂」があげられますが、これにもいくつかのタイプがありますからみていきましょう。現在提案されている「納骨堂」の種類としましては、永代供養塔の中に遺骨を安置するタイプや、施設の中に設置された仏壇式になっているもの、ロッカー型や機械式などがあります。
ここでは機械式納骨堂のシステムに注目してみますが、屋内に専用の参拝できるスペースが設けられていて、その裏には大人数分の遺骨が個別に収容できる場所があり、契約して渡される専用のカードを機械に読み込ませタッチパネルで操作をすることで、個別に安置されていたお骨が参拝するところまで自動で移ってくるシステムとなっています。お参りするスペースをしっかりと設けて綺麗に管理されていますし、立地的にも訪れやすい環境に配慮したところに施設がありますから機械式納骨堂という選択肢もおすすめしたいものです。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 お参り 」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%8D%E9%AA%A8%E3%80%80%E3%81%8A%E5%8F%82%E3%82%8A+): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 500 Internal Server Error in /home/f18yhs6r/orgreshamlocksmith.com/kikai.html on line 1