気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切!

納骨堂選びは自分の目で確かめることが大切です。
そのため生前からどのような形式の納骨堂が自分の好みであるか、ライフスタイルにあっているかを調べておくと良いでしょう。
納骨堂とは、骨壺に入れたご遺骨を安置しておく場所や建物の事で、ロッカー式や棚式、仏壇式や御墓式など種類も多くあります。
運営形態も寺院や公営、民営の三種類があり、それによって値段や上記の形式が変わってきますので、好みの場所やお考えに合った経営をしているところが見つかった場合は実際に出向いて、自分の目で確認してみることをお薦めします。
パンフレットやホームページでみたものと実際に行ってみた感じが違う場合もありますので、住宅を選ぶときのように、きちんと目で確認することが大切です。
実際みてみたら思っていたよりも環境がよく気持ちの良い場所であったなどという事もあります。
また、運営会社の方や御住職などとお話しをしておくのもより安心感が増しますのでお薦めです。

通常のお墓と納骨堂との違いとは?

通常のお墓と納骨堂との違いとは? お墓と納骨堂のうち一般に知られているのはお墓のほうです。
その大きな理由は、お墓参りという慣習があることですが、そのほかにもいろいろな機会があり見聞きしているからです。
また、そのような経験から、お墓には遺骨が入っていることは知られています。
それに対して納骨堂の名前を知っている人は少ないのが実際のところです。
しかし、名前から想像できるように納骨堂も遺骨を安置するための施設です。
そうなりますと両者には違いがないように思えますが、重要な点で違いがあります。
まず挙げられるのは費用です。
お墓を建立するには墓石代やその工事費用、永代使用料、維持管理費などが必要になります。
そして、その金額は決して安くない金額です。
一例を紹介しますと、お墓が150万円~300万円前後であるのに対して、納骨堂は50万円からあります。
また、そのほかの大きな違いを紹介するなら、お墓参りのやり方です。
前者は通常のお墓参りができますが、後者の場合は線香をたいて花を手向けるなどといったことができないことがデメリットと言えます。

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 お墓」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%8D%E9%AA%A8+%E3%81%8A%E5%A2%93): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 500 Internal Server Error in /home/f18yhs6r/orgreshamlocksmith.com/chigai.html on line 1