気になる納骨堂の最新情報をご紹介!

建物の中のお墓でもある納骨堂は、墓石を建てることがないために手頃な価格から利用ができるというメリットがあります。
さらに、お墓参りをするにも室内でバリアフリーの施設も多いなど足元が良いので、足腰が悪い高齢のおじいちゃん、おばあちゃんや小さな子供連れでも家族そろって安全に行くことができます。
また、生活圏内の近い場所にもたくさんあるので利便性も良く、夏の盆や春夏の彼岸、故人の命日や誕生日にも気軽にお墓参りに行くことができます。
今日ではさまざまな形の納骨堂があり、遺品もそばに置くことができる施設もあります。

納骨堂は遺品や位牌は入れられる?

納骨堂は遺品や位牌は入れられる? 納骨堂で主流とも言えるのが、ロッカー式と呼ばれるタイプです。
駅前によくあるコインロッカーのような形をした設備に遺骨を入れることになるのですが、カギを開けてから引き出し式で中の物を手前に出すことができるという形になっています。
他にも、ワンランク上の納骨堂のタイプとして仏壇式があります。
仏壇のように上段にはお花や遺影、遺品や位牌などを置く場所があるので、故人が生前に使用していた眼鏡や指輪などもそばに置いてあげることができます。
下段は外から見えないように扉が付いており、ここに遺骨やちょっとしたものを収納することができます。
ロッカー式のように上下の段に他の人のお墓があるわけではなく、広々と使用することができるタイプです。

納骨堂のお参り方法とマナーについて

納骨堂のお参り方法とマナーについて 納骨堂のお参りの方法は、一般的にはお墓にお参りをする時と同じで構いませんが、納骨堂のお参りでは最低限次のようなマナーを守ることが重要です。
まず服装に関しては細かな決まりはありませんが、派手すぎて周囲から浮いてしまうような服装は控えるようにし、目立ちすぎないようにすることが大切です。
次にお花をお供えする場合は、生花を供えることが禁止されていることが多く、造花のみお供えが認められているケースが多いです。
同じようにろうそくや線香に関しても持ち込んで火をつけることが禁止されているところが多いので注意が必要です。
これらのルールについてはあらかじめ納骨堂に問い合わせて確認しておくようにしましょう。
また、購入者は宗派に関係なく利用することが出来るところが多いので、来ている方の中には宗派が異なる人がいる可能性もあります。
そのため、お題目が異なる宗派の人がいることも考えて、お経を読もうとする時には周囲に配慮をすることも重要なマナーの一つです。
なお、それぞれの納骨堂が定めているルールや規則については購入を検討する段階からその詳細をよく確認しておくことも購入後に後悔しないようにするために大切なポイントです。

関連リンク

全国福利厚生共済会(プライム倶楽部)パンフレット MLM - NAVER まとめ

新着情報

◎2018/3/12

ロッカー式の納骨堂とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/30

お墓と納骨堂との違い
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

参拝する際に予約は必要?
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「納骨 墓」
に関連するツイート
Twitter

dot.asahi.com/aera/201608120… 自宅の床の間に置く「」、「ご供養家具」。上部が祭壇、下部が納骨庫という構造。トータルリビング ユウキ(横浜市)が考案。家の中にを置くのは、法的にも問題はない。宗教は関係なく、キリスト教や無宗教の人も買い求めていくとか。

要は先日亡くなった旦那のおじさんのお寺とおが決まってなくて納骨してないんだけど、それがどうなってるのか分からないのが気に入らないらしい。そんなの家族で話し合ってるだろうし、そう言ってたし。自分に相談が来ないのが気に入らないのか。

Twitter私が愚痴るだけ垢@y79CjZuYJw6WL3c

返信 リツイート 49分前

宝寿)私が幼い時に住んでた近所にお寺が有りました。私はおに行ったり、納骨に行っては亡くなっている人と話しをしていました。夜まで話しをしては帰っていました。 #占い

Twitter宝寿(ほうじゅ)@hoojyu__

返信 リツイート 13:21

今日は春になくなった祖母の納骨(おにお骨入れ)して、 夜は家族焼肉コースなので一応おやすみなのです

【喪主とは?】 人が亡くなって、葬儀が行われる場合、その葬儀を主催する遺族の代表を喪主(もしゅ)といいます。つまり、亡くなった人の供養を、責任をもって行う立場にあります。ですから、喪主は葬儀だけでなく、おの建立、納骨、その後の諸法要なども責任をもってとり行います。

返信先:@figaro_chaumet ありがとうございます。母は宇宙葬とか樹木葬とかにして参りなんてのはなしでいいわ、向こう(父方のお寺)のほうに納骨なんて死んでも親戚づきあいやだ、というような信心と縁遠い人でした。(まさに父方の寺と関東とで分骨しようという、母の悪いほうの予想通りの展開になってて皮肉ですねぇ。)

三ヶ根山ロープウェイ - 赤い電車の見える風景 blog.livedoor.jp/hazunet/archiv…  当方の父方の代々のがあった地域ですね.... で 熱田神宮前の納骨堂に を移転したデス....当方 半分 名古屋で 半分 福岡デス!(福岡/行橋)に 母方の先祖のがあるデス

母親は私と同じ県ではなく、他県。どうしよう… 明日、本葬とまでは聞いたけど… 母親の納骨絡みで私が母親は本人は九州帰りたがってたし、本人のお父さん、お母さんのおにって言い切って九州で納骨して…って…それきりの今日…飛ぶべきかなんだろうか…

Twitter🐤ことのは🐤@8224yuka_s

返信 リツイート 8:43

本当は自分自身は葬儀も納骨もいらない。火葬場で処理してもらったらそのまま捨てて欲しいと思っているのだが、弔いは残された人のためにあるとも思っている。残す人がいないのであればおに入れてもらわなくてもいいかなぁ。

【なぜ?手元供養?】 私は岐阜県に住み、両親は大阪府にすんでいる。そして、父は次男なのでおはありません。私は一人っ子 ありがちなケース 皆さんどうしますか? お納骨堂? 樹木葬? どこに? 手元供養? ちょっとだけ考えてみませんか? #いいねした人全員フォローする #相互フォロー

Twitter手元供養ドットコム@red_segia

返信 リツイート1 8:11